サイトタイトル
電話番号

ドライヤーの選び方

髪の乾燥に欠かせないドライヤー。

自然乾燥派もいるとは思いますがドライヤーの便利さに慣れるとやっぱり使い続けたくなってしまいます。

そんなドライヤー選びについて考えてみたいと思います。

風量

まずは風量。ドライヤーを選ぶ上で一番気になる要素かもしれません。

ドライヤーの風量ですが「㎥/分」という数値で表されます。

毎分どのくらいの風が送られてくるかという数値ですが、目安としてよく言われるのが「1.3㎥/分」です。

1.3㎥/分であればまずまずの風量といえるでしょう。これぐらいがちょうどいいという人もいます。

「いや、私はもっと大風量のものが欲しい」という人は 1.9㎥/分以上のものがあります。

このぐらいの数値になると大風量といえるでしょう。

ちなみに大風量とパッケージなどに記載するのはどのメーカーでもできるようで、この大風量と書いてあるだけではあてになりません。きちんと「㎥/分」の数値を確認しましょう。

ワット数

ワット数は1000~1200Wぐらいがよいとされています。

あまり小さいとパワーが足りませんが逆に大きすぎると洗面台のコンセントでは使えなかったり、ブレーカーが落ちてしまう可能性があります。

ドライヤーを使用する場所のワット数をよく確認しておきましょう。

重量とサイズ

風量ばかりに気をとられがちですがドライヤーの重量は普段の使い勝手に影響してきます。

ドライヤーは頭上で動かしながら使うものなので重さの違いがけっこう気になるんです。

一般的なドライヤーの重さは600g~700gです。人にもよりますが女性だとちょっと重くて腕が疲れると感じる人もいるかもしれません。

軽量タイプのドライヤーもあり、400g~600gのドライヤーもあるのでこのあたりを選ぶのも1つの選び方です。

中には1.3㎥/分以上の風量で400gを切るドライヤーもありますね。

サイズは持ち運ぶかどうかで変わってきます。旅行に持っていくという人は折りたためるコンパクトなものが便利ですが、折りたたみ機構は普通のドライヤーよりも強度は落ちるので家の中だけで使うならば折りたためないタイプのほうがいいかもしれません。

マイナスイオン

マイナスイオンを搭載し、髪の毛にツヤを出したり指通りを良くしたりといった効果があるといわれているドライヤーもあります。

実際に効果があるかどうかは人によって感想が違いますが、無いよりはあったほうがいいでしょう。

ただ、このときに注意したいのはきちんとしたメーカーのものを買うということです。マイナスイオン搭載といってもマイナスイオンの出る量や質は製品によって違います。

きちんとマイナスイオンの機能に力を入れているメーカーの製品を選ぶことが大切です。

価格

価格は1000円ぐらいのものから1万円を大きく越えるものまで様々です。

1000円~3000円ぐらいのものは基本的な機能だけといった感じでマイナスイオンや風量は期待できません。

機能を搭載していても過度に期待はしないほうがいいでしょう。髪が乾かせればいいという人や一時的な使用にといった感じでしょうか。

4000円~ぐらいのものになるとそこそこ機能も充実したものが出てきます。最上位機種とくらべると機能はさすがに落ちますが、風量や使い勝手は十分なものが選べるのではないでしょうか。

1万円前後~ぐらいの価格はドライヤーの基本的な機能に加えて「温度設定」や「頭皮ケア」、「スキンケア」といった特別な機能が加わってきます。

ドライヤーに付加価値を求めるかどうか人によって判断が分かれますが、新しい機能に興味のある人はチェックしてみるといいでしょう。

ドライヤーにどこまで求めるのか再度考えてみよう

最近のドライヤーは髪を乾燥させるだけではなく様々な機能があり、目移りしてしまいがちです。

どのドライヤーを買うのか迷ったら自分がもともとドライヤーに求めていたものは何なのか、いま一度思い起こしてみるのもいいでしょう。

参考サイト

All About Beauty ドライヤー・ヘアケア家電のページ

ヘアドライヤーの選び方のページ