サイトタイトル
電話番号

PM2.5に対応した掃除機を探している方もいるようなので、掃除機がPM2.5を捕集できるかについて考えてみます。

PM2.5の大きさ

まず、PM2.5の大きさですが2.5μm(マイクロメートル)以下の微粒子とされています。

ちなみに1μmは1mmの1000分の1なのだそうです。

ですから2.5μm以下の微粒子を捕集できる掃除機ならばPM2.5に対応していると言えそうです。

メーカーのラインナップを見てみる

これをもとに国内有名メーカーのラインナップを見てみると、上位機種は0.3μm、下位機種は0.5μmのゴミを逃さないというメーカーが多いように思います。

0.5μmならばPM2.5よりずいぶんと小さい粒子まで捕集できるということなので有名メーカーのきちんとした物ならばPM2.5に対応していると言っていいのではないでしょうか。

ちなみに最近はPM2.5よりもさらに小さいPM0.5(0.5マイクロメートル以下の微粒子)といった物も飛来しているようですが、上位モデルならばこれにも対応できそうです。

おすすめの掃除機は?

ではどれを買うのかという話なのですが、日立と三菱の掃除機が良いのではないかと思います。

というのも第三者機関に、0.3~10μmの排出じんあい量を測定してもらった結果、捕集率99.999%となっているからです。

第三者機関なので自社での測定よりも一応信頼のおける結果なのではないでしょうか。

ただ、掃除機はひとつの要素に過ぎない?

PM2.5に対応した掃除機について考えてみましたが、PM2.5に関してはほかの複合的な要素を考慮すべきかなと思います。常に掃除機をかけているわけではありませんし、掃除機のヘッド付近のPM2.5は捕集できても排気で飛散してしまうことも考えられます。

そんなに小さいものなら近づくだけで舞い上がってしまってあまり捕集できないような気もしますし・・・

空気清浄機やエアコンといった空気のコントロールを目的とした家電をメインに据えて、掃除機は補助的な物ぐらいに考えておいたほうが良いのではと私は思います。