サイトタイトル
電話番号

冷蔵庫は大きな買い物なのでなかなか悩みどころ

冷蔵庫ってみなさんよくおわかりかと思いますが、頻繁に買い換えるものではありません。

また常に付けっぱなしにしているということで電気を食う家電です。

家族構成や、省エネ、サイズ等についてよく考えて選んでいきたい製品ですね。

容量の目安

冷蔵庫の容量についてはいろいろありますが

70Lx人数 +100L(常備分) +70L (予備分)

と言われています。

といってもこれを全て当てはめてしまうと実際とずれが生じてしまうので、食べ盛りの子供がいる家庭は多めに、高齢の大人だけの場合は少なめにといった感じで調整していくことも必要です。

また、最近の冷蔵庫はメーカーによっては実際に収納できる容量(メーカーのカタログなどで見かける容量は内部の棚や壁が計算されていないので実際に収納できる容量ではない)が多くなるように工夫されているタイプがありますので、そういったタイプもチェックしてみるといいかもしれません。

冷凍保存、生物保存、野菜の保存といった用途を考えてそれぞれのスペースが広い物を選ぶのもよいでしょう。

省エネ性についてチェックしよう

消費電力のイメージとしては小さいもののほうが少ないというイメージがあるかもしれませんが、一概にそうとは言えません。

メーカーの小型のものよりも、売れ筋の容量に力を入れており、そちらのほうが省エネ性が高い可能性があります。物によっては容量の大きいほうがかえって電気代が安くなったという場合もありますのでチェックしておきたいところです。

400Lクラスの冷蔵庫なんかは各社力を入れているのではないでしょうか。

このクラスだと小容量の冷蔵庫よりも省エネ性能に優れているケースが多く、容量が増えてもかえって省エネということも考えられます。冷蔵庫の価格と電気代を比較してお得な選び方をしましょう。

設置場所とサイズについて考えよう

設置場所について、あらかじめ横幅と奥行きを測っておきたいところですね。

その時に放熱スペースを確保することも大切です。冷蔵庫は中の物を冷やすわけですから、その分外側に熱が放出されます。

最低でも左右2~3cm 後ろ 2~3cm 上部5cm ぐらいのスペースは確保したいところです。

搬入経路の確認も大切

冷蔵庫を購入していざ搬入のときになって、通路を通らないなんてことになったら目もあてられません。設置場所はしっかり測っていたのに玄関を通らなくて引き返した・・・なんてケースもあるようです。

マンションやアパートなどは特に気をつけましょう。

ここの通路は通れる、ここは無理だからこっちから入れようなどとチェックしておきましょう。

ドアの開く方向と普段お動線を考えよう

冷蔵庫には左開き、右開き、フレンチドア(観音開き)といったドアのタイプがあります。

キッチンでの配置や普段の動きを考えてどちらがいいか考えておきましょう。壁際に置いたらドアが全開にできなかったなどのケースが考えられます。

少数ですがどっちもドアは両方から開けられるので状況に応じて使い分けられますね。

各社の特徴をチェックしよう

冷凍した状態でもすぐに切れる、野菜室がまんなかにある、気圧を下げて保存、などメーカーごとに独自の機能が搭載されています。

自分の生活をふりかえってどんな機能が便利か考えてメーカーを選んでもいいかもしれません。

各社の機能についてちょっと触れてみます。

東芝べジータ

野菜室をまんなかに配置した「まんなか野菜室」で野菜の保存に配慮した設計です。

パナソニック

ワンダフルオープンという全開にできる引き出しが特徴です。この他コンプレッサーを上部に配置してデッドスペースを少なくしたトップユニット方式など収納に配慮がみられます。

三菱

切れちゃう瞬冷凍という冷凍機能があります。凍ったままの食材を切ることができるので冷凍保存を良く使う人は重宝しそうです。

日立

気圧を下げたチルドルーム「真空チルドFS」で肉や魚などの鮮度を保つことをウリにしています。

参考サイト

コジマ電機さんのサイトから冷蔵庫を選ぶポイントのページ

冷蔵庫のランキングサイト