サイトタイトル
電話番号

普段の生活に欠かせない洗濯機。洗濯機が無かったら、たらいと洗濯板で洗濯物を洗う日々に・・・そんなこと考えたくありませんよね。

そんなわけで洗濯機を選ぶときにどんな基準で選ぶかを考えてみたいと思います。

洗濯機の種類について

洗濯機といっても、「全自動洗濯機」、「洗濯乾燥機」、「簡易乾燥機能付き洗濯機」といった種類があります。

全自動洗濯機は洗濯のみの機能。洗濯乾燥機は洗濯機能に加えて乾燥機能が付いたもの。簡易乾燥機能付き洗濯機は風を使って少し乾きやすい状態にしてくれるものです。

最近の洗濯機はだいたい洗濯乾燥機か簡易乾燥機能付き洗濯機ですね。

乾燥まで行いたいなら洗濯乾燥機です。簡易乾燥機能はおまけみたいなもので、干す時間が少し短くなるぐらいの感覚でいたほうがよいと思います。

縦型かドラム式か

良く議論されるのが縦型かドラム式かといった点ですね。

洗浄力に関して

以前は縦型のものが洗浄力が優れているといった評価が多かったようですが、近年はドラム式洗濯機も洗浄力がアップしており、温水洗浄などの機能で、縦型と遜色の無い洗浄力を持つ物も増えてきています。

良く汚れが落ちるのがいいから縦型にしようといった考えは再検討の余地がありそうです。

洗浄の際の節水に関してはドラムを回転させて洗濯物を落下させて洗う方式からドラム式のほうが優れている傾向があります。

洗い方の違い 縦型は水流 ドラム式はたたき洗い

縦型洗濯機とドラム式洗濯機の違いですが、洗い方の違いが挙げられます。

縦型は渦巻きによる水流で洗うのに対して、ドラム型はたたき洗いによる洗浄です。

縦型はうずまきによる水流で洗うので水をたくさん使う分汚れをしっかり落とすことができます。(ドラム式でも最近は技術の発達でそん色ないレベルまで洗浄力が上がったようです。)

また、洗濯物の量が多い場合も縦型のほうが有利です。

水の使用量関してはその洗い方から縦型のほうが多くなります。節水を謳うモデルもありますが、ドラム式とくらべるとどうしても縦型は水を使う量が多くなりますね。

ただ、ドラム式はたたきつけて洗うので、水が少なくて済みますが、たたきつける分洗濯物の繊維がケバだったりするというデメリットがあります。また、詰め込みすぎるとたたきつける効果が薄れて汚れの落ちが悪くなってしまいます。

 

乾燥に関して

乾燥力に関してはドラム式が有利だと言われています。

ドラムの中で洗濯物を舞い上げて風をあてることでシワの少ない仕上がりになります。

また、乾燥方式についても「ヒーター式」「ヒートポンプ式」とありますが、ドラム式洗濯機は近年はヒートポンプ式が多く、縦型洗濯機はヒーター式となっています。

ヒートポンプ式のほうが省電力ですので、乾燥の電気代を考えるならドラム式のほうが有力候補となるでしょう。

ただ、ドラム式はフィルターの掃除をしていないと止まってしまったなどのケースがあるのでフィルターはこまめに掃除をしたいところです。

設置スペースに関して

設置スペースに関しては縦型のほうが幅がコンパクトなものが多いですし、前面の圧迫感がありません。(ドラム式は上に物を置けるというメリットがありますが)

また、古いアパートなどは洗濯機の設置スペースにドラム式洗濯機が入らないということがあるので事前によくチェックしておきたいところです。

ドラム式は扉が右開きと左開きがあるので、普段の動線を考慮してどちらがいいか選ぶ必要もありますね。

設置スペースに関しては縦型のほうが有利と考えていいでしょう。

価格について

価格については縦型のほうが安い傾向にあります。(もちろん高級モデルもあるので一概には言えないかもしれませんが。)

ドラム式は値段が高い傾向があるので買うにはちょっと勇気がいりますね。

縦型は安いものから高いものまで選択の幅が広くなっています。

価格で考えるならば縦型のほうが圧倒的に有利でしょう。

結局縦型ドラム式どっちがいいのか

 

まとめる

縦型洗濯機のメリット・・・たくさん洗濯物を詰めてもドラム式に比べて洗浄力が落ちにくい、種類が多いので選択肢が豊富。安い物から高いものまで。

縦型洗濯機のデメリット・・・渦巻きで洗うので水を多く使う。形状からして乾燥機能ではドラム式に劣る。

ドラム式洗濯機のメリット・・・たたきつけて洗うので水が少なくて済む、その形状から乾燥の効率が縦型よりも優れている。

ドラム式洗濯機のデメリット・・・たたきつけて洗うので繊維がケバ立ちやすい、詰め込みすぎると汚れが落ちにくくなってしまう。高価格帯のものが多い

乾燥まで考えるならば断然ドラム式ですね。

仕上がり、電気代ともに縦型よりも優れた結果を残す可能性が高いです。

天日干し派なら断然縦型です。選択肢も多く、導入コストも安くすむ可能性が高いです。

 

洗濯容量の目安は?

いろんなメーカーさんのサイトで言われているのは

一人の一日分の洗濯物はだいたい1.5㎏ということです。

 

3人家族なら1.5kgx3の4.5kg 4人家族なら6kgというわけですね。

ただ、もちろんお家の環境によって洗濯物の容量が変わってくるわけで、例えば「週末に洗濯物のまとめ洗いをしたい」という人や、「息子や娘が部活をやっていて毎日たくさん汚れ物が出る」、なんてお家の方は状況を見つつ目安の容量より大きな洗濯機を選ぶといいでしょう。

めんどくさくてまとめ洗いしかしない!!という方は思いきって7kg以上対応の洗濯機を買うのもありかもしれません。

 

あとはめんどくさがりの一人暮らしの人の例ですが、通常販売されている一人暮らし向けの4.2㎏の洗濯機ではまとめ洗いをするときに困って、結局2回洗濯機を回さないといけない!なんてことがあります。(まあ3日に1回とか洗濯をしていれば余裕でこと足りるんですけど・・・)

洗濯めんどくさいいいいい!!という人は思い切って大きめの洗濯機を買うのもありではないかと思います。電気代もそんなに劇的増えるわけでもないですし!

 乾燥容量も忘れずチェック

乾燥機能を使う人は乾燥容量もチェックしておいたほうがいいかもしれません。ドラム式洗濯機は6kgまで対応のものが多いようです。

あと簡易乾燥機能付きの洗濯機は乾燥力はおまけみたいなものなのできちんと乾燥対応の洗濯機を購入したほうが良いでしょう。

洗濯物の量は定格の7~8割がいい? 

洗濯機は洗濯物の量を定格容量の7~8割に抑えておけば量による消費電力の差はないと言われています。(逆に言えばぎゅうぎゅうに詰め込むと消費電力が増えてしまうということか。)

そして汚れが効果的に落ちるといわれている容量も定格の7~8割ほどです。

つまり7~8割の容量で洗濯をするのが電力的にも汚れの落ち的ににも最適と言うわけですね。例えば10kgの洗濯機なら、洗濯物を7~8kg投入して洗濯することになります。

「洗濯できればあまり細かいことは気にしないよ。」という人にとってはなんでも無い事なのですが、「ちょっとでも効率よく洗濯したい」「消費電力が気になる」という人はこうしたことも気にしながら選択をしてみてはどうでしょうか。

ほんの気分的なものですが、何か特をした気になるかも!?

使用水量をチェックしよう

 乾燥にヒーター式を採用している場合は冷却水も使いますので水の使用量が増える傾向にあります。

洗濯時の水量に関しては縦型のほうが多く水を使うようになっています。

消費電力をチェック

洗濯機のカタログを見ると消費電力量(Wh)という数値があります。これが洗濯機を使用した際に消費する電力です。

省エネにこだわる人は洗濯時や乾燥時の数値をよくみて購入したいところです。

洗濯、洗濯~乾燥、乾燥と三種類の数値が載っているかもしれませんが、それぞれ定格の容量で運転したときの消費電力を表しています。

例えば洗濯9kg 乾燥6kgのモデルの場合は洗濯は9kg 洗濯~乾燥は6kg 乾燥は6kgで洗濯したときの消費電力量のようです。

洗濯時間

洗濯時間に関して、最近の機種でも乾燥まで行えばそれなりに時間がかかります。(2時間前後)

乾燥までいっぺんに行ってくれる洗濯乾燥機ですが、それを活かしきれるかどうか考えたほうがよさそうです。

また時短コースなどを搭載していて短時間で洗濯ができることをウリとしているモデルもあるので洗濯機それぞれに搭載されたコース設定をチェックしてみるとよさそうです。

静音性

カタログには洗濯時・脱水時・乾燥時それぞれの騒音がdbという値で記されています。

集合住宅や夜間の使用を考えている人は静かさも欠かさずチェックしておきたいところです。

dbは3db違うと2倍に感じられるそうで、数字上の差では小さく見えても実際にはかなり音が違うといったことも考えられますので注意しましょう。

設置スペースと搬入経路をチェックしよう

洗濯機の本体の幅、奥行き、高さと設置スペースの幅、奥行き、高さがきちんと合致しているかも調べておきましょう。

防水パンがある場合はその中に収まるかどうか、また、排水溝や給水蛇口、コンセントの位置も確認できればベストでしょう。

搬入経路についてもきちんと玄関や廊下を通るかどうか、どういったルートで搬入するのかなども考えておきたいですね。

使う人の体格を考える

洗濯槽の奥まで手が届くかどうか、腰をかがめて洗濯物を取るのがいいのか立った状態で手を伸ばして取るのがいいのか、見落としがちですがそうした点も考えてみるといいでしょう。

メーカー独自の付加機能

メーカーで独自のいろんな機能が搭載されているので、パネルの位置や液晶有無、洗濯コースの種類、除菌機能や洗濯槽の作り、といった付加的な要素も見つつ検討するのもいいでしょう。

近年は縦型洗濯機の人気が再燃?

以前、ドラム式洗濯機が登場した頃はおしゃれな感じや近未来的な感じがしてあこがれの的となりましたが、現在では縦型洗濯機の人気も盛り返してきているようです。

売り上げランキングを見ていると、上位にきている機種はほとんどが縦型洗濯機ですね。

もともと洗浄力に関しては縦型洗濯機は定評がありましたが、モーターの進化で静音性もアップしているのだとか。設置スペースのことを考えてもコンパクトな縦型洗濯機のほうがいろんな場所に設置できます。

この他、昔から使い慣れている縦型のほうがいいという人もいますし、価格の面でも圧倒的に縦型のほうがリードしていますね。

これらのことから縦型洗濯機を見直す方向が進んでいるのでしょう。

ただ、ドラム式洗濯機はドラム式洗濯機で、乾燥のときにシワになりにくい、乾燥時の電気代が安いものが多い、洗濯から乾燥まで一気に仕上げることができる(乾燥機能つきの縦型洗濯機もありますが)といったメリットがあります。

やみくもにドラム式洗濯機がいいと考えるのではなく、用途を考えてどちらの洗濯機が良いのか、適材適所で洗濯機を選んでいくことが大切となりそうです。

洗濯機の選び方についてさらに知る

洗濯機の選び方についてはこちらのサイトも参考にどうぞ

ヤマダ電機さんの洗濯機の選び方

パナソニックさんのサイトより洗濯乾燥機の賢い選び方

日経トレンディさんの洗濯機の買い方・選び方

洗濯機の選び方と口コミのサイト