サイトタイトル
電話番号

毎日のお掃除に欠かせない掃除機、クリーナーですが、いろんな種類があってどれを買ったらいいのか迷うところですよね。

サイクロンと紙パックがあるし、コード式とコードレスがあるし・・・

そんなわけで今回は掃除機の選び方について考えてみます。ちなみにロボット掃除機についてはこの記事では触れません。

集塵方式の違い 紙パックとサイクロン

十数年前からサイクロン掃除機が登場し、紙パックがいらないということで注目を集めましたが、いまだに従来からの紙パック式掃除機も残っています。

ということはどちらにもメリットデメリットがあってどちらも選ばれているということですよね。

それぞれのメリットデメリットはどんなものでしょうか。

紙パック式のメリットデメリット

  • ゴミ捨ての際に紙パックを取り外して捨てるだけなのでほこりが舞いにくい
  • サイクロン部に余計なパワーを取られないので吸引力が強い傾向にある
  • 集塵容量がサイロン式より多め
  • 紙パックにゴミがたまると吸引力が落ちてくる
  • 紙パックのコストがかかる

サイクロン式のメリットデメリット

  • 紙パックがいらないのでランニングコストが少なくてすむ
  • クリアビンにたまったゴミが見えるのでやる気が出る
  • ゴミを捨てるときにほこりが舞いやすい
  • フィルターの掃除が面倒
  • 集塵容量が紙パック式よりも少ない

どちらがいいのか

サイクロン掃除機はサイクロン分離といってもフィルターが付いているのでどうしてもそちらのお手入れが必要になります。ゴミ捨て時にほこりが舞うのも困りますね。

ただ、ランニングコストを抑えたい人にはいいかもしれません。

紙パック式はランニングコストがかかりますが、ゴミ捨てが楽なのが魅力ですね。

紙パックの品質にはいろいろあって良いものを使えば排気もきれいになりますが、逆にメーカー推奨品以外を使うと隙間からほこりがなどが漏れるといったことにもなりかねません。

こうした特長をふまえた上でどちらが好みか考えましょう。

掃除機の形状について

掃除機にはいろんな形がありますので1ずつ説明してみたいと思います。

キャニスター型掃除機

本体に車輪が付いていて滑らせながら使うタイプです。昔からよくみかける、一般的なタイプですね。

いろんなメーカーのいろんな価格の物があるので一番選択肢が広くなるでしょうか。

狭い場所では本体が邪魔になるかも。また、2階へ持って上がるときなどは本体が重くてたいへんかもしれません。(現在は本体の軽さをうたうモデルがいろいろと登場しています。)

スティック型(スタンド型)掃除機

昔は縦型とも言っていたでしょうか。ヘッドのすぐ上に本体があってスティックのようになっています。

キャニスター型にくらべてコンパクトで収納スペースもそれほど取らないのが特徴です。本体と一体化しているので少し重いのが難点でしょうか。

コードレスとそうでないものがあります。コードレスのモデルは中にはハンディタイプとしても使える2wayのものもあります。

ハンディ型掃除機

コンパクトで使いたいときにさっと取り出して掃除ができるのが魅力です。

コードレスの物が多くなります。吸引力はそれほど無いのでメインとして使うにはちょっときついかもしれません。

機動性を求める方に。

ショルダー型掃除機

あまり見かけませんが肩に掛けて使うタイプの掃除機です。

キャニスター型にベルトが付いていて肩に掛けて使えるようになっているものもあります。

移動しながら使うのに重宝するかもしれませんが選択肢は少なくなってきます。

コードレスとコード付きはどちらが便利か

パワーのコード付き、機動性のコードレス。

パワーならば圧倒的にコード付きのほうが有利です。逆にコードレスはパワーはあまり期待できませんし、充電時間や稼働時間といった問題もありますが、コードが無いので好きなところに持ち運んで使うことができます。

2台持ってお互いの弱点を補うようにできるといいですね。

ヘッドの種類について

掃除機のヘッドには大きくわけて2つの種類があります。ひとつはモーターヘッド、もうひとつはエアタービンヘッドです。

モーターヘッド

その名のとおりモーターが付いていてその力でブラシが回転するタイプのヘッドです。ブラシが回転するのでゴミをしっかりかき出してくれます。

モーターがある分ちょっと重くなりますが、カーペットなどに力を発揮するでしょう。

かってに進んでくれる「自走式」とそうでないものがあります。

エアタービンヘッド

こちらはモーターが付いていません。ブラシが吸込む空気の力で回転するタイプのヘッドです。

モーター式でないのでかき出す力は落ちますがその分軽いのと安いのがメリットでしょうか。格安の掃除機はこのタイプが多いです。

 その他の付属ノズル

その他付属品として、すきまノズルやブラシなどのアタッチメントが付いてくることがあります。

ワンタッチでノズルが変化したりと便利な物もあるのでそうした点もチェックしてみましょう。

吸引仕事率について

カタログなのでよく○Wと表記されています。

モーターのパワーが数値化されていて、この数値が大きいほどパワーがあるということですが、海外の製品では表記されていないものがあります。

また、この数値が大きいからといって集塵能力が高いというわけではありません。参考程度にとどめておいたほうがいいでしょう。

この他にゴミ捕集率 0.5マイクロメートルのホコリを99.997%を捕集といった数値もありますのでこちらもチェックしておきたいところです。

静音性について

掃除機は電化製品の中でもかなり音が大きいですから、集合住宅などの場合は静音性はチェックしておきたい項目ですね。

db(デシベル)という数値で騒音の値が表記されています。

少し数値が上がっただけで人間の耳には大きく聞こえてしまうので、静かさが必要な人は注意です。

最近では50db前後のモデルも登場しているようです。

本体重量

掃除機を持って何部屋も移動したり、1階と2階を行き来するといった場合は掃除機の重さが負担になります。

近年は軽量でコンパクトなモデルが多数登場しているので、選択肢が多そうです。

ただし、軽さ、コンパクトさと他の性能の両立は難しい問題なので、他の性能とのバランスを見つつ選びたいものですね。

省エネ性

省エネモードを搭載した機種も多数登場しています。

ゴミの量をセンサーで判断してパワーを変えたり、ヘッドが床から離れると運転を停止したりといった機能がそうですね。

少々運転を止めたからといって劇的に省エネになるわけでもありませんが、日ごろから省エネにこだわりのある人はチェックしてみましょう。

排気のクリーンさにこだわる

各社掃除機の捕じん率にもこだわって掃除機の開発をしているようです。

カタログでは0.5μm以上の微細じんの捕集率○○%などとその性能をうたっています。

排気が嫌な人はどのくらいの大きさのごみをどのくらいの率で捕じんできるのかチェックしてみましょう。

また、紙パック式の場合は紙パックの質によって性能がかわってくることもあります。各社、何種類か紙パックを用意しているようなので、どの紙パックを使うかも考えながら選んでいきたいところです。

紙パック式を選んだ方の意見

紙パック式の掃除機を選んだという」さんのご意見も載せておきますので参考にどうぞ。

私が紙パック式掃除機を選んだのはこんな理由

これまでは「ダストボックスタイプ」の掃除機を使っていました。今では「ダストボックスタイプ」が主流ともいえる時代だという印象もあります。私もご多分に漏れず、「ダストボックスタイプ」の掃除機をここ5年間ぐらい使ってきました。

しかし、今回の購入では「紙パックタイプ」の掃除機を選びました。なぜなら、いい加減「ダストボックスが面倒臭くなったから」です。ダストボックスは、確かに紙パックのように、定期的に購入する消耗品がありませんし、その点においては「エコ」だと言えるでしょう。

しかし、わが家の掃除機のダストボックスがあまり大きくはないということもあって、しょっちゅうダストボックスのゴミを捨てて、そしてダストボックスを洗っている印象でした。

正確に言えば、1〜2ヶ月に1度、ダストボックスを洗う程度だったかも知れませんが、ダストボックスを洗うことへの精神的負担によって、「しょっちゅう〜」というイメージがあるのかも知れません。

それで、周りの奥様方の評判もあり、今回の買い替えでは「紙パックタイプ」の掃除機を選んだのです。そして、めちゃくちゃ感動するそのお手軽さ。わが家の掃除機の紙パックが大きいこともあるのですが、購入から約1年経ちますが、これまで1回紙パックを交換したのみです。手間がまったくありません。それに手も汚れませんので、ゴム手袋をしてもいませんし。

久々に紙パック掃除機を使ってみましたが、「やっぱり良いわ〜」と、そのお手軽さを実感しています。また、しょっちゅうダストボックスを洗わなくなったことを考えると、水の量も節約にもなり、「エコ」にもつながっているのではないかなーと思うのです。

東京都 狛犬まつり

やはりいちいちダストボックスのゴミを捨てて洗うのはめんどくさい

ダストボックスにゴミを溜めるタイプ。最近ではサイクロン掃除機でしょうか。こうした掃除機のゴミ捨ての手間が面倒だということでご意見をいただきました。

サイクロン掃除機などはこうした手間が面倒なんですよね。各社、お手入れがしやすいように工夫はされているんですが、やはり紙パック掃除機の、パックを外して捨てるだけというお手軽さにくらべると負けてしまいます。

ダストボックスを洗う回数が月に1、2回程度でも精神的なイメージでめんどくさいということになってしまうんですね。お手入れがめんどくさい人はやっぱり紙パック式のほうがいいかもしれません。

参考サイト

ビックカメラさん掃除機の選び方のページ

掃除機の選び方とランキングサイト