サイトタイトル
電話番号

毎日の食事に欠かせないお米。

土鍋で炊くと美味しいと言われていますが、手間がかかってしまいます。

そこで炊飯器の出番なわけですが、炊飯器にもいろいろあって炊き上がりなどが違います。

良い炊飯器を選んでお米を美味しくいただきたいものです。

炊飯器の炊き上げの種類について

炊飯器の方式については大きく分けて3つの方式があります。

それぞれについてご説明したいと思います。

マイコン炊飯器

お釜の下にあるヒーターを加熱することによってご飯を炊き上げるタイプです。

釜の下側からしか加熱されないので他の方式にくらべると炊き上がりは劣ってしまいます。ただ、価格は安いので1人暮らし用の安い炊飯器などで採用されています。

初期投資を抑えたい人に。

IH炊飯器

電気で磁力を発生させることで釜に電流が発生、その結果釜が熱を発してお米を炊き上がります。

釜自体が発熱するので火力が強く、全体から熱することができるのでおいしくお米が炊き上がります。

ガス炊飯器

ガスを燃焼させることによってお米を炊き上げる方式です。

こちらも火力が高いのでお米が美味しく炊き上がるといわれています。

IHにくらべると種類が少ないようです。

おいしく炊き上げたいならIHかガスがおすすめ

というわけでお米の炊き上がりにこだわるならIHかガスがおすすめです。

IHは設置されている段数というものがあって2段よりは3段、3段よりは4段というふうに段数が多くなるほど高火力で、お米がふっくら炊き上がるといわれています。

容量はどうやって選ぶか

容量ですが一般的には

1人~2人暮らし 3合炊き

3~4人 5合炊き

それ以上 1升炊き

といったとこです。

ただ、ご飯を良く食べる子供がいる家や、一度にたくさん炊いて冷凍保存をしておきたい、来客がよくあるといった家庭は多めの容量を選んでおいたほうがよさそうです。

圧力を利用した炊飯器も

炊飯器の中には圧力を利用した製品も存在します。

圧力を高くするとより水の沸騰温度が100度よりも高くなっておいしく炊き上げることができるようです。

省エネについて

どれが電気の消費が大きいかというとIH炊飯器が消費電力が大きいようですが、普段からずっとつけっぱなしにしている家電ではないので、大きな差はできないようです。

それでも電気代を考えるならマイコン式かガス式が良いでしょう。微々たるものですが。

また、保温をせずに冷凍保存しておくことで電気代の節約になります。

保温について

保温に関してはこれまではそんなに変わりがないといわれていましたが、センサーを搭載したり二重ぶたにすることによって蒸気を逃げにくくしたり、適切な温度で保温できるように工夫されているモデルがあります。

保温をよくする人は、高価にはなりますがこうしたモデルをチェックしてみるのもありです。

釜の選び方

内釜に関しては各メーカーがいろんな工夫をこらしていていろんな種類の釜があります。

この場合は一概にどれがいいとか悪いとか言えません。個人の好みの問題もありますし。

ここで釜の構造や材質を少しご紹介しておきます。

  • 厚釜 釜が厚いので全体を包み込むように加熱ができる点と蓄熱性がウリです。
  • 多層釜 銅やダイヤモンドなどの熱伝導率の高い素材を層にして使うことで効率を良くしています。
  • 真空釜 釜の内部に真空の層を設けることで熱が逃げにくくなっています。多層釜よりも軽いという特徴もあります。

材質

  • 鉄釜 ステンレスよりも発熱性に優れているので火力に期待できる
  • 銅釜 熱伝導率が高いので素早く均一に釜を加熱することができる
  • 炭釜 傷が付きやすいという弱点はあるが遠赤外線効果でむらなく加熱ができる

いろんな炊飯コース

炊飯器は高くなるにつれていろんなコースが搭載される傾向にあります。

早炊きコースの他に無洗米用や玄米用のコースがあったり、ご飯を炊く以外に煮物やシチューを調理するためのコースもあります。

ご飯が炊ければいいという人は特に気にする必要はありませんが、いろんなことに活用したいならぜひチェックしておきたいところです。

もっと炊飯器の情報が欲しい

 さらなる情報が欲しいならこれらのサイトを参考にどうぞ

All Aboutさんの炊飯器の選び方のポイント

コジマ電機さんの炊飯器を選ぶポイント

炊飯器のランキングと口コミサイト